細胞を作る

赤ちゃんの生育に欠かせない「葉酸」

妊娠期に大切な栄養素「葉酸」をご存知ですか。 葉酸は水溶性ビタミンBの一種で、妊娠初期の赤ちゃんの健康な発育を促す大切な役割があります。 葉酸はDNAを合成するのに重要なビタミンです。 胎児の細胞分裂が盛んな妊娠初期(妊娠3か月まで)に摂ることで、神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させてくれる効果が認められています。 妊娠初期といっても、妊娠に気づくのが遅れてしまうこともあるので、将来的に妊娠を考えている女性は普段から葉酸を意識して摂ることが大切です。 葉酸は、ホウレンソウなどの葉物を始め、緑黄色野菜、レバーなどの食品に含まれています。 水溶性なので、体に留めておくことが出来ず、毎日の食事で補う必要があります。 また熱に弱く、十分な量を摂るのが難しいこともあり、食事に加えて栄養補助食品を使うことも推奨されています。

サプリメントを活用してみるのもお勧め

現在、妊娠期の必要な葉酸の量は、1日400μg(0.4mg)が勧められています。 厚生労働省も妊娠1か月前〜妊娠3か月の間に、食品からの摂取に加え、栄養補助食品から摂取することを推奨しています。 しかし、毎日必要量を食事から摂ることは難しく、妊娠初期はつわりで物が食べられないこともあります。 そのため、様々な葉酸サプリメントも販売されています。 サプリメントは毎日継続して飲用しやすく、妊娠期に必要な鉄やカルシウムも配合されているものもあります。 葉酸は貧血を予防する効果もあるので、毎日摂ることを考えて、サプリメントの利用を考えてみるのもお勧めです。 水溶性なので、摂り過ぎれば排泄されますが、摂取量は過剰にならないよう、1日の量を守って摂取するように気を付けてくださいね。