病院ごとの長所

各病院の長所と短所について

不妊治療をする際に一番の問題は、病院探しにあります。 大まかに分けて三つの種類の病院があります。地元の産婦人科、都内などにあるレディスクリニックと有名な先生がいる病院です。この三つには長所短所がありますので次に紹介していきます。 地元の病院の良いところはやはり近いのですぐに通うことができる、混むことがあまりなく時間をかけて診察してくれるのできちんと質問などができます。短所としてはそこまでの高いレベルでの不妊治療ができない点です。 次にレディスクリニックですが、良いところはきれいで数人の先生がいるので良い先生にあたる可能性があることや平日の夜などの時間でも診てもらえることです。短所は混んでいることがあり待ち時間が長い傾向にあること、そして複数の先生がいることで逆に悪い先生に当たってしまう可能性もあるなどです。 有名な先生の病院では、安心できることや他の病院の先生を紹介してもらえることがあるなどが長所です。短所としては混んでいて、診察時間も短く質問がしにくいことが挙げられます。

自分に合った病院をさがす必要性について

不妊治療には様々なやり方が存在します。上に挙げた三つの病院でどのような不妊治療をできるのかも違ってきます。たとえば、地元の病院では、薬による治療やタイミング療法などの比較的に簡単に行えるものが主になってきますが、より大きいところでしたら、費用も高めで効果も他の不妊治療よりも効果のある人工授精や体外受精ができたりと、自分がどのような方法での妊娠を目指すのかによっても病院は変わってきます。平均してどの病院でも忙しくて一人一人の患者さんにそこまでの時間をかけていられないのが多くの病院の現状でもあるので、先生任せの診断や治療にしないできちんと自分で調べて、病院探し先生探しをして、受動的な治療ではないようにすることが大切です。